阪神・淡路大震災から20年

今回ブログを担当するSです。はじめまして。
社長ブログでも挙げられていますが、
阪神・淡路大震災から20年の月日が流れました。
社内で数少ない関西以外の出身、
北海道札幌で生まれ育った私ですが、
あえて少し触れてみたいと思います。

まだ関西に来て間もないころ、暇つぶしに図書館に行くと、
「震災関連コーナー」がありました。
そこで手にした数々の写真集をじっくり見て、
まだこちらに来て日が浅かった私でも、
この写真はこの前通ったあそこだな…などと
照らし合わせることができました。
その時に初めて、自分がいるこの街は大震災に見舞われ、
それを乗り越えてこそある今の姿なのだな…と実感しました。
被害が大きかった地域の背景、周りの方から聞く当時の状況。
目にしたわけではないですが、住み始めたからこそ聞き、
知ることができる数々の情報。
当時テレビの中でドミノのように倒れていた阪神高速を
20年後の今現在、毎日のように仕事で利用し、
復興の取り掛かりであった「建築」に携わって
仕事をしていることをとても不思議に感じます。

震災を経験していない人間からしても
20年後という節目の日、1月17日は考えさせられる一日でした。

DSC_0308.JPGのサムネール画像のサムネール画像

DSC_0307.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

自分ができること…やはり、仕事ができるようになって
より多くの人が長く安心して過ごすことのできる
建築物を建てることに貢献できるようになることでしょうか。

まずは十分な工期が(自分にも)欲しいのですが…頑張ります!

(棚田建材 S)