建設業のIT活用

2015年も末となってきました。
1年が過ぎるのが年々早く感じているSが
人生初のブログにチャレンジさせていただきます。

私はITインフラ・システムの整備を業務の一環で行っています。
弊社のような工事専門の企業では、
IT活用があまり進んでいないイメージを持たれている方も
多いかもしれません。

実は建設業でも、他業種と同様に企業規模の大小に関係なく、
IT化は確実に進んでいます。

顕著な例として、公共工事の入札手続きは、
ほとんどが電子入札システムで行われます。
今や公共工事を受託する企業にとって、IT導入は必須です。

それ以外にも、ITは様々なところで活用されています。

Googleマップやストリートビューは、
建設業界に大革命を起こしたサービスの1つではないでしょうか。
図面が無くても、工事現場に行ったことが無くても、
工事を行う建物の形状や配置を確認することができます。
Googleを知らずして仕事はできないといっても過言ではないと思います。

sakamoto1511.jpg

弊社事務所の形状がわかるGoogleマップ航空写真です。

LINEはスマートフォンで使用でき、
複数人で情報共有を簡単に行うことができるという点において
工事情報を素早く共有するのに最高のアプリです。

他にも、オンラインストレージ、
最近話題の小型無人機ドローン
(公共工事等での利用義務化の検討が始まっているそうです)・・・、
IT活用の場面を挙げるとキリがありません。

どのような企業においてもIT活用は
その企業の可能性を大きく左右する要素だと思います。
ITに関する社会の動きにアンテナをはり、
良いものは素早く取り入れることを意識しながら、
今後も業務に取り組んでいきたいと思います。

sakamoto 1511_2.jpg

先日これから改修工事を行う現場に行ったときに撮った写真です。

これは1920×1080のサイズで撮ったのですが、
設定を変えればより高画質の最大4K2Kの写真が
スマートフォンで簡単に撮れるのも非常に便利です。

(棚田建材 S)