雨漏り調査、出動。

数日の暑さに、はや夏バテ気味の S です。

昨日から2日間連続で、
伊丹空港へ行ってきました。

仕事で溜まった日頃の疲れを癒すべく、
ゆ~くり温泉にでもつかりに行こうと。。。。。。

なんていう、楽しい話では当然ありません!

以前、施工させていただいた屋上から
「雨漏りがしている!」
という報告を受け、雨上りでの原因調査と
補修を行ってきました。

今回の漏水した箇所の下地はALC板という構造から、
直上部での要因の可能性が高く、
漏水箇所の上部が溝部になっており、
そこに水溜りができていたので
その水溜りの解消と、
雨仕舞(あまじまい、雨水処理のこと)の確認・手直し等を行い、
これから本番の梅雨期での
雨漏りの有無を継続的に確認しようということになりました。

今日は経年している防水層の劣化具合を調べる
お手伝いをさせていただき、
時より飛び立つ飛行機を横目に
2日間みっちり、
照りつける太陽の下で過ごしました。

P6110027.JPG
ANAの飛行機が見えてます。

P6110048.JPG

P6110045.JPG

P6110055.JPG

この仕事をしている上で、
最もあってはならない”雨漏り”ですが、
時には今回のようなこともあります。

起こってしまった時には、
真摯に原因を突き止め、迅速に補修を行い、
今以上漏水が進行しないように努めます。

ただ、この雨漏りの原因を追究するというのが、
なかなか一筋縄ではいかないことが多く
長引けば胃がキリキリと痛む始末・・・。(苦笑)

また、その辺の苦戦した事例も
ブログでご紹介したいと思っています。

(棚田建材 S)