新たな視点

今年も残すところあと数日、
皆様今年も1年本当にお疲れ様でした。

営業・工事管理のHです。

今年は4月中頃から11月中頃まで、
「K市H住宅」の元請け現場に常駐し、
屋上防水・軒裏(のきうら)改修工事を、
後輩のT君と共に担当しました。

入社4年目にして初めて、
現場の最高責任者として工事に携わり、
四苦八苦しながらも、たくさんの方々の協力のもと

お陰様で無事完了することができました!

20171225.png
屋上防水施工完了
(5月のT君のブログで施工前写真があるので是非見比べてみてください!)
 2017122502.png
軒裏改修(劣化部除去・錆止剤塗布状況)

 

今までは協力業者として、
元請さんの指揮のもと工事を担当してきましたが、
今回、新たな視点で工事と向き合うことができました。

両方の立場を経験できたことは、
自分にとって、今後に繋がる
大きな強みになると自負しています。

ただ、半年間も現場に常駐していれば
それはもう色々とありました。。。

中でも4度の台風の内、
10月に上陸した大型台風はとても心臓に悪かったですね(汗)

ここで現場の工事とは少し違った観点で記録した、
写真を紹介したいと思います。

①現場事務所トイレ
2017122503.png

何故かトイレに収束するスリッパ達。
皆さん脱ぎ散らかしはダメですよ(笑)

②足場から巣立っていったセミ

2017122504.png

夏のある日ふと足場を見ると、
角の養生材にセミの抜け殻がありました。
このセミの一生に貢献できたと思うと、
感慨深いものがありますね。

③南京錠事件

2017122505.png

これは資材置き場内にある、
物置を施錠するための南京錠です。

各足場や資材置き場入口等、南京錠で施錠していた箇所は
数ヶ所あったのですが、何故かこの物置の南京錠だけ
ダイヤルを合わせても、開かなくなるという事件が3度もありました!

開かないので致し方なく、
壊して新しいものに取り換えるという訳です(汗)

ちなみに南京錠の暗証番号ですが
後輩のT君が考えたものであって
僕が発案したものではありません!
声を大にして言っておきます!

分かる人だけにしか通じない話なのですが、
僕の名誉のために(笑)

まだまだ他にも愉快な思い出がたくさんあるのですが
このあたりにしておきます。

重ね重ねにはなりますが、
お客様、材料メーカーや職人さん、
その他様々な方のご協力により、
僕たちは工事を納めることができています。
あらためて、ありがとうございます。

今年一年お世話になりました。
来年も是非ともお力添え頂きますよう、
お願い申し上げます。

それでは皆様良いお年を!

(棚田建材 H)

山があって、谷があって、また山がある。

5月。新緑の季節ですね、
大好きな季節です。

今回、2回目のブログです。
1回目の時よりリラックスして書いています。

外に出るのが、快適な季節ですね。
もちろん、山登りにも最適な季節。
趣味で月に2、3度行くのですが、
5月は一番気持ちいいです。

神戸近郊でも、たくさん山登りのコースはあります。
大体、摩耶や六甲近辺が多いですが、
軽装備でも行けるハイキングコースもあれば、
岩場を登ったりしながらの
ハードなコースも。

距離的には短いけど、
ショートカットで傾斜の急な山を一気に登るコースは、
途中、息が上がって苦しいですが、
頂上に向かって一直線な感じと、
あとちょっと!もうちょっとで目的地!という臨場感、
着いたときの達成感が好きです。

一方で、傾斜は緩やかだけど、
距離が長いコースは息は上がりませんが、
目的地が中々見えず、
まだかまだかと続くので、
逆にしんどかったりします。
でも、森林浴ができてとても気持ちいいです。

1605ban1.jpg

子供のころから、アスレチックや
高い所が好きだった私は、
ロッククライミングみたいな岩場を登ったり、
馬の背と言われる、細い岩肌を歩くのも大好き。
スリルありますよー!

大体どの山からも明石~須磨~神戸の海が見えるので、最高です。

1605ban2.jpg

山を登ってて、よく思うのですが、
せっかく登ったのに、何で降りるの?
それでもってまた登るのかっ!てことがあります。
それなら、山と山の間に橋でも渡してくれたら
いいのに・・・なんて。
でも、それでは、山登りの醍醐味がなくなりますよね。
楽したらダメですよね!

登りは、しんどいですが、
頂上へ向かって黙々と歩くので、
必死のパッチの一生懸命。

下りは楽そうですが、滑ったり、
こけたりしないように踏ん張るので、
慎重になります。結構エネルギーを使います。

山があって、谷があって、そしてまた、次の山がある。

季節や登るメンバーにもよりますし、
気分もありますけど、
やっぱり、川のせせらぎや鳥のさえずりを聞き、
森林浴しながら歩くのが癒されるかなぁ。

あと、頂上で食べる
ごはん!これでしょうか。
いつも一緒に登ってる仲間のおじさま達はごはんと言うか、
宴会と言うか。。ビールが最高のようです。(笑)

年齢もばらばらの仲間と出会い、
人生の先輩方からいろんなお話を聞けて、
楽しい時間を過ごせて、とても感謝しています。

さて、いよいよGW明けから、
新しい現場が始まりました!

棚田建材が元請けとなりますので、
複数人で現場に常駐しています。
私は事務員として、工事を行う職人の皆さん、
現場管理を行うスタッフが快適に仕事ができるよう
書類作成や現場事務所の運営に携わっていきます。

新入社員もフレッシュに頑張っています!
工事が終わる10月まで、
傾斜の急な山、緩い山、岩場、そして谷もあるかと
思います。

全員が無事に頂上まで登り、下山できるよう、
私ができることを精一杯やろうと
思います。

登りは 一生懸命に!
下りは踏ん張れ!

大切な人達との楽しい時間も忘れずに・・・。

1605ban3.jpg

(棚田建材 B)

たくましくなったヒヨコです!

入社から早くも1年経ち、
これからは教えてもらうだけではなく、
後輩に教えられる立場にならなければ、
タマゴではいられないと思いを新たにしている、Mです。

さて、前回のブログから私が、
どのような一年目を過ごしたかをダイジェストで紹介したいと思います。

4月 勉強会や仕事で必要な資格を取得する。
5月~8月 現場に一人で赴く。弊社の採用活動を担当し、説明会や面接などを行う。
9月 インターンシップ生を受け入れ、同行する。
10月~2月  大規模改修工事に参加する。
3月 公共工事の現場代理人となる。

以上、5行のダイジェストでした。
文章だとシンプルに感じますが、
一年が一瞬で過ぎたと感じる程に、
様々な経験をしました。
(経験数が多ければ多い程、体感時間は短くなるようですね。)
中でも私の中のビッグイベントについて2つ紹介したいと思います。

この一年のテーマは、採用活動でした。
活動初期は、会社のことも業界のことも
分からないままに説明会の原稿を作成。
自分で業界や企業について調べたため、
大変ながらもいい勉強になりました。

「会社初!」の説明会では敢えて
ゼロキャリアを利用し、少しでも会社や業界のことを
身近に感じてもらうために、就活生の立場から時には
大学の先輩の様に未来の後輩となる就活生と接していました。

回数を重ねる毎に、より充実した内容を目指し
アドリブや問いかけを増やしていき、
いい意味で私色の企業説明ができたのではないかと思います。
(結果的に何人採用できたかは
今後の新人のブログをご期待ください!)

まさか一年目の私が採用活動を任せられるとは思わず
驚きと不安は募るばかりでしたが、
先輩方のフォローもありなんとか
やりきることができたので達成感は一塩です。

一方、この冬のテーマは大規模改修工事でした。
約4か月間、40戸のマンションの
大規模改修工事を上司の指示の元、
工事管理補佐として携わっていました。
私にとって本格的に携わる、
初めての工事。

工事中は足場組立・外壁改修・塗装改修、
そして防水改修工事等を
経験することができました。

工事当初は何もわからないままに先輩に同行し、
工事業者等との打ち合わせの仕方を見学しました。
1週間ほどで私も業者と打ち合わせをするようになりました。

初めは作業内容を聞いても理解できず、
怒られることも何度もありました。
諦めず言われたことをメモし自分で調べ、
それでも分からないことは聞いて教えて
もらいながら体当たりで挑んで行きました。

何度も粉々になりながら、
少しずつ打ち合わせが出来るようになりました。
この4か月間は本当に大変でしたが
その分私自身が成長するための
貴重な経験だったと思います。
(その後にさらなる試練が迫っていることは知る由もありません、、、)

この大規模改修工事ではこの屋上が

miyoshi1603.jpg

こうなりました!

miyoshi1603-2.jpg

今、私はとある公共工事の
改修工事に携わっています。
役割はなんでしょうか?

そう、現場代理人です。
経験年数の必要な主任技術者には先輩になってもらってますが、
より責任の重い役目になりました。

工事はまだまだこれからですが、
すでにやらなければならないことが山のようにあります。
一年目と二年目の架け橋には長すぎる気もしますが、
一歩一歩しっかり歩もうと思います。

二年目はニワトリを目指して
日々進歩していきたいと思います。

私の春のテーマは、現場代理人になりそうです。

(棚田建材 M)

建築業界では年度末、最後の追い込みの時期です!

3月も終わりに近づいてきています。

建築業界では年度末、最後の追い込みの時期です!

現在、私はK市の物件を担当させて頂いてます。

施工は終わり、後は検査を残すところです。

toyama1603-01.jpg

toyama1603_2.jpg

toyama1603_3.jpg

toyama1603_4.jpg

この物件では色々と勉強させて頂きました。

元請工事の厳しさが分かり、
専門施工業者としての仕事を
学びました。

この経験を生かし、今後も真摯
取り組んでいきたいと思います。

話は変わりますが、幸い、
人が怪我をする事故ではありませんが、
最近周囲で車の事故がありました。

気を引き締めて運転し、
無事故無違反で頑張ります!

(棚田建材 T)

防水工事って知ってますか?

1月下旬、弊社に姫路営業所が開設されました。
それに伴い姫路営業所配属になりました Mです。

弊社はもともと兵庫県西部の物件も多く、
姫路に拠点を設けられたことは
加古川在住の私にとっては
すごくありがたい環境に
なりました。
これからも姫路営業所共々
棚田建材を宜しくお願い致します。

棚田建材は社名が『建材』ですが、
工事をする会社です。
その工事の中でも最も得意なのは
建築物に雨水が浸入するのを防ぐ
防水を施す防水工事です。

弊社の大ベテランの職方の親方から、
『防水屋が一番してはいけない事、
それは(水を)漏らす事!』
とよく冗談交じりに言われます。

この言葉・・・ とても 重いです。

防水屋としては当たり前の事なの
ですが、これがとてもデリケートな仕事です。
防水工事施工前に実際に施工箇所を
確認しに現場に赴く時は
とても気を使います。

下地の乾燥具合、平滑かどうか、
漏れの原因になりそうな箇所はないか等、
色々確認した上で多々の施工に臨んでます。

建設業というと思い浮かぶのは
大工さんなどをイメージされる方も
多いと思いますが、
『防水屋さんもいますよー!』 って
ことが言いたかったんです。
建物というのは「雨露をしのぐ」というのが大切なのです。

minauchi1603.jpg

下地確認は大事です。

ここから本題です。

世の中に 防水工事の認知度を高める(アピールする)

企画を考えました。

イメージして下さい・・・

飛行機の機内に乗客が多数おられるとします。

客室乗務員のお姉さんが

機内の床に水溜りを発見しました。

すかさず、

客室乗務員 『お客様の中に防水屋さんはおれれませんかー?』

(仮に私) 『ハイ、私でよければ!!』

っていうワンシーンのあるCMを

思いきってテレビで放送しませんか。

防水屋さんのイメージ(認知度)向上のために

提案しておきます。

社長、この企画 却下ですかー?

※却下です。飛行機は建物ではありません(笑)

(棚田建材 M)

趣味は釣り、ゴルフ、ダイビングです!

こんにちは。
今回のブログを担当
させて頂きます、Oです。
宜しくお願い致します。

私の趣味のお話しです^-^☆。
釣り、ゴルフ、ダイビングが
最近の楽しみになっています。

ゴルフは最近できていませんが、
ダイビングは年に2度
沖縄の八重山島の黒島へ
いつも行ってはリフレッシュして帰って来ています。

まだ、33回程しか潜れていませんが、
青い海には、
沢山の綺麗な魚と、
時にはウミガメや、
サメにも出会う事がありハラハラします><。。。

釣りは、年中できますが
冬は寒くて><。
今は暖かい春がくるのを待っています。

和歌山から、淡路島まで釣りに行きます^-^☆。
太刀魚釣りにも行きますが、
メインはイカ釣り。
本当に楽しい楽しい趣味です。

イカ釣りなら、神戸の舞の子橋の下に
シーズンなると一人で電車に乗って
釣りに行くこともしばしばあります^-^。

okawa160202.jpg

okawa160203.jpg

これは、ワカサギです。
一月初旬に寒い中、
兵庫県三田市にある青のダムという所に
ワカサギ釣りに行って来ました。

魚が小さいのであたりが分かりにくいのですが、
あたりに合わせて釣るのも
魚釣りの楽しいポイントだと思います。

これから春になって暖かくなるので
今年も楽しみたいと思います。
早く暖かい春がきますように。

(棚田建材 O)

入社2年を振り返ります。

今までを振り返りまして!!
大学卒業して、新卒で早2年がたちました。
入社当時は、すぐに大きい現場に行くことになり、
訳も分からず言われるがまま
毎日を過ごしていました。

今思えば、同じことの繰り返しで
やりやすい現場だったのではと思います。
その後は、現場を先輩と一緒に見てまわってました。
その時が一番楽でした。笑

その年の9月から改修工事に常駐し、
足場、外壁、防水、塗装と
工事の一通りの流れを経験しました。
正直全然分からない所から始まり、
職人の人に聞きまくってました。

でも初めて、改修の最初から最後までを経験し、
何となくでも流れが分かり、
少しは成長できたと思える時でした。

2年目の6月からまた現場に常駐し、
その現場は9月に終わり、
同じ関係の現場でほぼ大きさ二倍の現場に
今また、常駐しています。

この現場が3月までなので
それが終われば、
会社に戻れるかなと思って
早く時間よ流れろと思う一方、
現場がちゃんと終われるか
毎日気持ちが休まりません。

今のところ現場は事故もなく順調です!!
大きい現場ばっかりで
足場から全てを見てきた2年間でしたが、
改修工事というものを一から見れて、
良い勉強になり、
大きく成長できたと思います。

今後も、あらゆる現場で日々勉強して、
さらなる成長と経験を積んで
自信をもって仕事が
できるようになっていきたいですね!

最近では趣味でしている
車いじりもあまり時間がとれず
自分の車は全然なんですが、
会社の人や職人さんの車をさわったりしてます。
たまにすると気持ちの切り替えができ楽しいです。笑

一日一日を大切に後悔しないように
これから仕事もプライベートも過ごせたらと思ってます。
今年は厄年でちょっと怖いですが、
車の免許がなくならないように気をつけたいと思います^_^;

そして今年は試験!焦
余裕合格し、仕事の幅を広げ、
STEP UPしていきます!!!

(棚田建材 Y)

春に向けて新しいことを

寒中お見舞い申し上げます。

寒い日が続きますが、先日までの暖冬の影響か、
散歩中に、もう花が咲き始めた木を見かけました。
春はすぐそこですね!

shibuya1601.pngのサムネール画像

春という言葉は「発る」「張る」から来ているといわれ、
冬の間隠れていたすべてのものが芽を出し、
活動的になり始める時期だそうです。

もともと眠っていたものが目覚める季節!

そんな春に向けて、何かを始めるのは
とてもいいようです(^^♪

…ですが、環境や生活自体の変化など…
やはり不安や緊張も、ともないますよね…

そこで、最近知り、素敵だなと思った言葉。。。

shibuya160102.pngのサムネール画像

これは”ストレス”という言葉を最初に
医学に取り入れた、医学者の言葉らしいです。

ストレスは、必ずしも悪いものとは限らず、
適度なストレスというのは、
それをバネに頑張るエネルギーを生み出すということ。

これで言いますと、
何かの目標に向かって
努力をしている時の辛さや、
環境が変わって慣れるまでのしんどさは、
ピリッと味付けのきいた、
刺激ある人生にするということですね!

また、新しいことを始め、充実して達成感が得られると…
脳からドーパミンが分泌し、ポジティブになるそうです。
そして、このドーパミンは…
アンチエイジングにもなるようなのです!

この新陳代謝の季節。。。
私も、毎日の生活を大切にしつつ、
無理せずに、新しい何かを始めたい気持ちになりました。
そして…人生をおいしく味付けをしたり…
アンチエイジングにもなればいいな!と思いました(笑)

(棚田建材 S)

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

ここ数年間は弊社にとって大変な試煉の年で、
会社は劇的な変革が起こり、
世代交代による人員の入替、社内体制の変化がありました。

また個人的には、昨年病気を患い、入院しました。

おかげさまで業績は順調に推移し、
これから益々成長出来ると実感しています。

経験の浅い社員が多いですが、各自が持てる力を
最大限に活かす事が出来る組織にしたいと考えています。

この会社が10年先、20年先、次の世代まで成長していくために、
日々努力していきたいと思っています。

棚田建材の社是を紹介します。

kawakita1601.png

まず私が健康に気を付けるようにします(笑)

昨年末、半年ぶりに大好きなGOLFにも行って来ました。

kawakita160102.jpg

やっぱり健康が大切です!

新しい年が皆さまにとってより佳き年になりますよう、
祈念いたしております。

本年もよろしくお願いいたします。

(棚田建材 K)