これから始まる新築現場

11月も中旬にさしかかり、急に寒くなってきましたね。
今日は午前中、これから始まる新築現場2軒の打合せに行ってまいりました。

まずは T市にて建設中の公共物件の現場です。

image001.jpg

image002.jpg

あと10日程先の予定で、上記写真の木製の型枠をはずした所に
コンクリートの外壁が出来上がるのですが、
その部分に浸透性の塗膜防水材を塗布することから
この現場は始まります。

施工した後、施工箇所の一部は土で埋め戻して
隠れてしまうので、基本的には
地面より低い箇所の防水工事になります。
普段我々が何気なく目にしている建物の
見えない箇所も、実は防水を施しているのです。

この現場は来年秋までの長丁場の現場なので
これから先、躯体ができ上がっていく過程の中で
何種類かの防水工事を施工していく予定です。
機会があれば又、報告します。

続いて、K市の民間物件現場の打合せに伺いました。
こちらの物件は既にほぼ躯体ができ上がっている
高齢者向け住宅の現場でした。

image003.jpg

image004.jpg

ここでは屋上をアスファルト防水で施工する予定で、
現場では屋上の床にコンクリートを打設する準備が進められていました。
まだ防水施工するまでには床の下地を造られたりするので
実際の施工は1か月程先になりそうです。
あと1か月程先の施工の予定ということは・・・12月下旬頃。

年末に向かってのその時期は、どの業界も超繁忙期なんですよね!!
その時期に実際に施工する職方さんを確保できるかどうかで
明暗が分かれます。
(弊社依頼先の職方さん、気合い入れてお願いしますね!)

今、建築業界全体では慢性的な職人さん不足でして、
弊社の各工事担当者も、日々の職方の段取りに
頭を抱えていますが、
どの現場も無事施工完了するように臨んでまいります。

ついでに、
『我こそは!』 と手をあげてくださる職人さんがおられましたら、
どしどし 棚田建材までご連絡下さいね!

(棚田建材 M)