出会いと別れの季節

こんにちは!

関西大学4年のSです。

2017年9月より総務部で学生アルバイトとしてお世話になっていましたが、
就職のため3月で区切りをつけることになりました。

というわけで、これが最初で最後のブログとなります。

私は昨年6月に無事(?) に就活を終え、
就職するまでの最後の経験を積みたいという思いで
棚田建材に入りました。

この会社で働く中で私が最も感じたことは、
多様な役割によって組織が支えられているということです。

棚田建材は数十人規模の小さな会社ではありますが、
その中でもいくつかの部署があり、
社員の方がそれぞれの立場から
個々に与えられた役割を果たしているという点を実感しました。

学生でもサークル等の組織はありますが、
学生という同じ立場同士で集まっているために、
なかなか多様性を実感しにくい部分があるというのが実情です。

そのため、今回の勤務において、
学生でありながら貴重な体験ができたと思います。

4月から私が就職する会社は、業界や規模が全く異なるのですが、
ここで働いた経験を生かしていきたいと思います。

短い間ではありましたが、棚田建材の社員・関係者の皆さん
大変お世話になりました!

(棚田建材 S)