リフレッシュの時間

総務・経理パートのTです。

昨年5月に入社して2年目にはいりました。
入社した当初はブランクもあり、不安がありました。
しかし元々興味があった業務であったことや周りの方々に丁寧に指導していただいたおかげで、楽しく働いています。

子どもの幼稚園の関係で短時間の勤務なのですが、受け入れていただき、気持ちよく働ける環境に感謝しています。

気持ちをリフレッシュするためにも
頭をリフレッシュするためにも私はよくキャンプに行っています。
ただ暑すぎる夏や寒すぎる冬は最早修行のようなので
気候がいい秋や春を今か今かと心待ちにしています。
子どもとワーワー遊ぶ時間も楽しいですが。

燃え盛る火を見つめる静かな時間も何とも言えない癒しです。
焚火のためにキャンプをしているといっても過言ではありません。

新しいことを学ぶことが多いので
休日には頭をすっきりさせて色々なことを日々吸収し
自分も会社に役立つ人材になれるよう精進していきたいと思います。

棚田建材T

チームワークを大切にしています

ロジスティクス部のMです。

ロジスティクス部については、他のメンバーも紹介してくれているので詳細は省きますが棚田建材の後方支援チームです。

私はもともと先頭を切って動いていくより、人のサポートをするのが好きな性格です。(今は立場上そうは言ってられないですが・・・汗)
子どものころからずっとそうでした。

小学生の時はお世話がしたい気持ちだけで毎年保健係、学生時代は部活のマネージャーだったり、社会人になってからも当時の先輩や上司の補佐役として先回りして考えたり提案したり段取りしたり。

今は棚田建材のサポート役としてチームを作っていくことに日々模索中です。
他業種から転職してきましたのでこの業界の奥深さにまだまだ勉強の日々で至らないところもありますが、他部署のメンバーに「助かりました!」なんて言ってもらえるとチームみんなで幸せな気持ちになります☆

年齢層は様々ですが、それぞれの得意な事良いところを活かしながら
また苦手な事は補い合いながら仕事ができる事にとてもやりがいを感じています。

さて、現在ロジスティクス部では新しいメンバーを募集しております。
チームワークを大切に前向きにチャレンジできる方、私たちチームの一員なりませんか?
興味のある方、マイナビよりエントリーくださいね。

マイナビエントリーはこちらから

写真は先日おこなったインターンシップの風景です。
教える側も緊張しています(笑)


棚田建材 M

工事管理のやりがい

工事部のMです。
今回は、工事管理をしていて感じる「やりがい」について書かせていただこうと思います。

僕が感じるやりがいを2個紹介します。
その1:建物がきれいになる。
その2:監督や、職人さんとの絆の深まり。

まず、その1に関しては、客観的にも非常に分かりやすい内容です。
新築工事であれば平たい土地に立派な建物が建ち、
改修工事であれば傷んだ建物がキレイに生まれ変わる。
この瞬間はいつ見ても「頑張ってよかった!、キレイにできてよかった!」と思えます。


天気も良くお気に入りの写真です!

その2に関しては、相手に言われないと分かりにくい内容です。
工事は終わるまで、何か月、何年と掛かります。
どんな工事も一筋縄ではいきません。
期間が長い分、様々なトラブルに対して、現場のメンバーが一丸になって解決していきます。大変なことも多いです。

しかし、ついに工事が完成した時、お客様や職人さんから
「また現場でよろしく!」
と言われると、今までの頑張りを認めてもらえたと感じることができます。
終わり良ければ総て良しとも言いますが、まさに色々あったけど、楽しかった!と感じる瞬間です。
相手から直接言われると、よりうれしさが増しますね!

最後に「やりがい」という言葉は実は難しい言葉だと追います。
僕にとっての仕事の「やりがい」の意味は、「自分が苦しい時に踏ん張る為の要素」だと考えています。
その1もその2も、僕が踏ん張らなかったら得られません。

僕は、このやりがいの為に苦しくても頑張れています。
そしてやり切れた現場は、大きな「やりがい」を感じることが出来ます。

就職活動中の皆さんもインターンシップ等を通して、
仕事のイメージをより鮮明に持つことが出来れば、「やりがい」について話しやすくなると思いますよ。

棚田建材 M

現場担当者を支える後方支援部隊

ロジスティクス部所属のNです。
早いもので、今月末で入社して2年9カ月になります。

これまでロジスティクス部では主に現場の後方支援業務を行ってきましたが、私が仕事をする上で常に考えているのは現場担当者の負担軽減です。
棚田建材では、他社では現場担当者が行っている資料作成などの業務をロジスティクス部が担うといったように、出来る限り業務を分担し、現場の負担を少しでも減らせるよう努力しています。

この業界では私たちのような部署がある会社は珍しいようで、社外の方に自己紹介をすると「そんな部署があるの!?」といった風に驚かれることが多いです。

ですが近年建設業界では長時間労働が問題視され、いよいよ政府による働き方改革も進められようとしています。
業界をあげての労働時間短縮の流れに会社として一早く対応していくためには、
私たちのような後方支援部隊が現場担当者と協力し、効率的に工事を進めていく体制づくりがやはり必要だと感じます。

発足して数年で前例もあまり無いため、まだまだ手探り状態な部署ではありますが、
建設現場の後方支援業務という新たな分野を切り開いていくことで、
会社の発展、ひいては業界の発展に貢献していきたいと考えています。

 

仕事の話はこれくらいにしまして、


私事ですが先日、24時間リレーマラソンというものに参加して来ました。

読んで字の通り、「24時間交代で走り続けて、チームで走った距離を競う」という狂った(?)イベントなのですが、大学時代の部活仲間と同窓会を兼ねて毎年参加しています。

走るのは好きで普段からよくランニングはしているのですが、やはり年々体力の衰えを感じます。
趣味で参加しているイベントですが走っていて追い抜かれるのはやっぱり悔しいので、また来年に向けて少しづつトレーニングを積んでいこうと思います!仕事に支障が出ない範囲で…(笑)

(棚田建材N)

環境に恵まれて

はじめまして施工技術のOです。

入社して2年目に入り、新入社員も入ってきました。
新入社員と一緒に現場に行くと
自分が新人だった頃が懐かしく思い出され、
1年間での成長を感じられます。

入社してから様々な現場で先輩方や、下請け業者の方々と仕事をさせてもらって、
色々なアドバイスを貰えたり、技術を間近でみて学ぶことができました。

この恵まれた環境を活かしてもっと技術を身につけて
後輩たちにも教えられるように頑張っていきたいと思っています。

(ウレタン防水)

防水以外も経験しました

(下地補修)

(棚田建材O)

 

 

休日の過ごし方

主に営業を担当している
営業部のSです。

仕事も大切ですが私は休日の過ごし方も大切だと思っています。
今回は先日家族でN県のT村までキャンプしに行った時のこと
を少しお話させていただこうと思います。

6月に入りだんだん暑くなってきたので川遊びをしたいなあ、
と思いネットで色々調べてみると、N県のT村に透明度が半端
ない綺麗な川あるという情報が!
よし行ってみよう!と、オートキャンプ場を予約しました。

キャンプ当日、目的地に到着とりあえず川を見に行きました。
日頃縁遠い大自然の中、噂通りの透明度が半端ない綺麗な川を
目の前に感動しました。
心が洗われるとはこのことかぁ、としみじみ。


息子に背中で語ってみました、小さな背中ですけど(汗)

ゆっくり流れる時間の中、楽しいひと時を過ごし心も体
もリフレッシュすることが出来ました。
大変満足のいく休日でした。

仕事でいろいろ大変な時もあるけど、ちゃんと休日があり
プライべ―トを大切に出来るこの会社を私は気に入ってい
ます。

大自然のパワーをもらいモチベーションUP!
若い後輩たちのエネルギーに押し負けないよう頑張ってい
こうと思います!

棚田建材S

施工管理の楽しさ

はじめまして。
施工管理を担当している
工事部のTです。

1年前まで大学生をしていた私ですが、全く知識のないまま
この業界に入社させていただきました。
入社当時は何もわからないままで不安だったのですが
上司や先輩など一から丁寧に指導していただいて頑張っています。

そのおかげで工事が無事終わった時に施工管理の楽しさ、
達成感を感じることができ、
とてもやりがいのある仕事だと
私は思っています。

また、それ以外にも資格を取得させてもらえる環境が整っていたり
仕事以外での行事などもあり、とてもアットホームな雰囲気の会社です!

私自身、まだまだこれからたくさんの経験や覚えていかなければ
ならない事は多いですが頑張っていけたらと思っています!

(棚田建材 T)

新築現場でのやりがい

入社して4年目になります。
営業 工事管理のHです。

今まで、改修工事ばかり携わっていて既に建物があるのが普通でしたが
最近、新築工事現場の工事管理も任されるようになり、
最初、現場に訪れた時は何もない土地だったのが工事が進み
仕上げ工事で施工する為に再度訪れた時には
大きな建物になっているのが感動的です。

上の写真は過去の新築現場のもので
2階屋上の塩ビシート防水機械式固定工法を行っています。
塩ビシートを塩ビシート鋼板やIHディスクに熱溶着し
シートとシートのジョイント部分も溶着し一体化し防水層を形成するものです。
軽歩行もできます。

別角度からの写真 徐々に仕上がっています。
まだ進行中の新築現場がありますので、それらの建物が組み立っていくのを
楽しみにこれからも頑張っていこうと思います。

棚田建材H

施工技術から施工管理へ

はじめまして。
神戸営業所 工事部のSです。

半年前まで施工技術グループで働かせていただいてましたが
管理したり、デスクワークにも憧れ、視野を広げる為にも
工事部に異動し、施工管理を担当することになりました。

管理業務は、慣れてないのもあり、思っていた以上に難しく
覚えることも多いですが、模索しながら徐々に問題を
解決していく達成感や
工事が円滑に流れていく達成感、経験はまだ浅くても
頼られたりするのは楽しいし、やってよかったと感じています。

施工技術グループからの異動で施工管理になった人は、
まだ数人ですが、各現場の監督や所長の信頼、
職人さんとの関わり方や工程を円滑に進めるのに
施工技術グループでの経験は生かせていると思います!

その経験を自分の武器としてこれからも頑張っていけたらと思います!

(棚田建材 S)

棚田建材で働こう!

主に営業・施工管理を担当している
工事部のKです。

私は営業・施工管理の仕事はもちろんですが、
新人教育にも力を入れています。

先日、その活動の一環で神戸市のR大学にも伺わせて頂き、
学生さんと話をしてきました。

数年前までは私自身学生でしたが、いざ大学生と話をすると
今の私では考えられない発想があり、いろんな意見が飛び交うので
新鮮で面白い時間でした。
R大学の皆様ありがとうございました!

今の工事部は20代の社員も多く、
活気あふれる毎日を送っています。

社内では同世代で仕事をすることが多く、
意見の交換などはとてもスムーズで、
社内環境には恵まれているなあと思っています。

毎年、新入社員も数名入社しますが
すぐに会社に溶け込んで仕事に没頭しています。

社員全員が仕事をしやすい環境を作ることはとても難しく、
日々試行錯誤の毎日ですが
これからも入社した皆が、楽しい会社だと思えるようにしていこうと思います。

少しでも棚田建材に興味を持った方
向上心のある方、アットホームな会社を希望な方等、
いろんな方がおられますが
まずはぜひ会社説明会や面接に応募してみてください!

<新卒採用情報はこちら>

 

(棚田建材 K)