防水工事ってやりがいがある!!

こんにちは!
去年の4月、棚田建材に入社した
2年目の技能社員 H です!!

今振り返ればこの一年は本当にあっと言う間に
過ぎていったと感じています。

最初は右も左もわかりませんでしたが、
現場の先輩や営業の先輩から
指導やアドバイスを受け、
材料のこと、様々な工法などを学んできました。

そして、確実に成長しつつあると
実感しています。

最初の頃はただ、受け身で仕事をしているだけでしたが
様々な現場を体験して、今は
前向きに、自ら仕事に取り組めるようになりました!!

これからももっと技術を向上していき、
一人前の技能社員になるために精進していきたいと
思います。

最後に担当した現場の写真を紹介します。

20170523Photo01.jpg
S市 団地改修現場

hamamoto0522_2.JPG

N市 介護施設

(棚田建材 H)

思い出の現場

こんにちは。
施工管理を担当しています、Kです。

今日は、僕が一番思い出に残った現場を紹介いたします。

kawamura1.jpg
K市 S造大型工場

kawamura2.jpg

シート防水施工段階

棚田建材はデッキ・シート防水の施工を担当しました。
施工時期は平成28年1月末頃。
僕自身この現場で、ほぼほぼ初めて経験する
施工のデッキとシート防水でした。

最初は打ち合わせに悩まされました。(汗)
右も左も分からないとはこういう事なんですね(笑)
と実感しました。

上司や職人さんから色々と教わり、
仕上がっていく様子を見ている時は、
想像を絶する感動を味わいました。

関係者の皆様、本当に有り難うございました。

この現場での経験を活かして、
これからの業務に邁進していく所存です。

(棚田建材 K)

地域に愛着が沸いた、4件の現場。

暑くなってきましたね。
今回ブログを担当しますSです。

私は主に工事管理の仕事をしていますが、
仕事中の移動時間はかなりの比重を占めます。
そのため、会社から現場までの距離もそうですが、
自分が担当している現場ごとの距離も
業務の効率化のためには非常に重要です。

よく仕事を依頼する職人の方から
「○○町といえば、もうSさんのイメージがありますね」と
ありがたい言葉を頂戴したので、
その現場を紹介します。

■銀行 改修工事

Before
sato1606_1.jpg

After
sato1606_2.jpg

■銀行 新築工事

Before
sato1606_3.jpg

After
sato1606_4.jpg

■マンション 改修工事

Before
sato1606_5.jpg

After
sato1606_6.jpg

■病院 新築工事

Before
sato1606_7.jpg

After
sato1606_8.jpg

半径5km以内にきれいに収まった以上の4現場を
この半年の間に担当しました。(そのうち、一つは継続中)

ですが、残念なことに4現場ほとんど工期が
重なることはなく、各現場の移動時間短縮、
もしくは自分の業務の効率化には全く貢献してくれませんでした(涙)

「○○市担当はS!」と名指しいただける地域が
増えるようこれからもさらなる経験を積んでいきます!

(棚田建材 S)

忘れることができない工事(今年一年を振り返って)

早いもので、ふと気がつけば2015年も
終わりが近づいてきました。
今年のブログを締めくくりますのは入社2年目のHです。
思いがけない大役に、指の震えを抑えながら
未だ慣れないキーボード入力で頑張って文章に書きおこしています。

去年と比べ、暖かく過ごしやすい冬だなと感じる今日この頃、
体調を崩すことなく元気に働いています。
毎年のように言っているような気がしますが、
本当に1年が過ぎるのはあっという間ですね。
そこで、自分なりに今年1年を振り返ってみたいと思います。

まず、会社に社員さん・パートさんが増えました。
私が入社した去年と比べても
ガラリと会社の雰囲気が変わったように思います。
特に若い世代が増えたことによって
活気が出てきたのではないでしょうか。

同年代とは仕事はもちろんですが、
プライベートな話しも気兼ねなくでき、
非常に良い環境で仕事ができていると感じています。

そして、何より仕事の面で去年と大きく変わりました。
一番変わった要因として、自分一人で
工事を担当しているということです。

夏頃より様々な現場を任せていただき、
今では何の抵抗もなく工事と向き合えています。
ですが、やはり初めは不安だらけでした。

上司や先輩方の仕事ぶりを間近で見てきて
「あんな風になりたいな」と思う一方、
失敗ばかりでなかなか自分に自信が持てない時期が続きました。

そんな中で、今後の人生においても
忘れることができないような工事がありました。

1512hasegaa.jpg

K市にある学校の施工前の様子です。
棚田建材が主に屋上防水を主体に担った新築工事で、
最近竣工を迎えました。

この現場で様々な失敗をしてしまい、
工事を担当することの難しさ、経験が少ないことによる未熟さを
痛いほど思い知らされました。

言葉ではうまく表現できないような
辛い思いをたくさんしましたが、
最後まで諦めずに工事と向き合ったことが
次第に大きな自信へとつながっていきました。

たくさんの人に助けられながら
無事工事を納め、今となっては
貴重な経験ができ、感慨深い気持ちでいっぱいです。

来年は今よりもっと求められる仕事の
難易度が上がっていきます。

今年の経験を来年以降につなげ、
会社にとって貴重な戦力となれるよう
切磋琢磨していく次第です。

長くなりました。

皆様、良いお年を!

(棚田建材 H)

施工管理の仕事にチャレンジ

初めてブログを担当します、工事部のKです。

私ごとでありますが、この夏から施工管理の仕事をしています。
今までは現場で実際に施工を担当していましたが、夏前に
上司に「施工管理の仕事も覚えていけへんか?」
と、話をもらいまして
最初はすごく悩みました。
ですが、よく考えてみたらこれは
自分にとってすごくチャンスだと思い、やろうと決心しました。

施工の経験はある程度は積んできたので
それを活かすため、施工もやりながら
管理の仕事もやっていくスタイルになりました。

最初は上司に手取り足取り教えていただき
さまざまな現場にも同行させていただきました。

施工の打ち合わせ、仕様の打ち合わせ、
工程の打ち合わせをしている上司の話をよく聞き
メモをとり、頭がパニックになるぐらい覚える事がたくさんあります。

施工もしつつで現場を管理するというのは難しい!
ですが私は頑張ります!
手取り足取り教えてくれる上司、先輩方々と
こうゆう機会を与えてくださった会社に感謝してます。

早速ですが、今私が工事管理をしている現場を紹介させていただきます!

kawamura1510.jpg

kawamura15102.jpg

kawamura15103.jpg

現場風景と屋上です。  写真のセンスがなくてすいません!汗

W県にあるW病院です。
大手ゼネコンのIのもと、
工期も順調に進んでおり、
むしろこちらの方が現場に迷惑をかけないように
必死に頑張っています。汗
現在、屋上の防水。外部の塗膜防水を
職人さん方達に必死のパッチで施工を進めてもらってる状況です。

棚田建材の工事はまだまだありますので
気を抜かず施工していきたいと思います。

私はまだ未熟ですが、
この充実している日々に感謝して
頑張っていきたいと思います。

(棚田建材 K)

初秋の候 私は全力で仕事をしています。

夏が終わり、秋の気配を感じる時期になってきました。
まだまだ残暑が厳しいですが、
皆様如何お過ごしでしょうか。

30代半ばにさしかかり
明らかに前日の酒が抜けにくくなってきた第一営業部のHです。

今回は、前回の私のブログでK市の病院をご契約させて頂いておりますと
書かせて頂きました現場を
あらためて紹介させて頂きたいと思います。

kei150906_1.png

今年の2月頃の状況です。

こちらの現場は来年の春に開院する現場です。
前回の統合病院と違い、こちらは小児科専門の病院です。

kei150906_2.png

現在の状況です。

左手前の足場が建っている棟で、
防水材料の荷揚げ中です。

ちなみに私はスケジュールの都合が合わなかったので
現場に行っておらず、代わりに行って貰っていた
工事部のK君に写真を撮って貰いました。(笑)

ほとんど足場もばれて、全貌が見えてきていますね。

ゼネコン最大手のO組のもと、
工期も全く問題なく進んでおり、
むしろ工程が完璧過ぎて迷惑をかけないように
合わすのに必死な位です(汗)

今年中で棚田建材の工事は
完了予定なので気を抜かず施工していきたいと思います。

前回は現場の紹介のみだったので、
今回は少しだけ違った事を紹介させて下さい。

実は私、今年から営業の一環でゴルフを始めました。

今までゴルフはあえて敬遠していたのですが、
最近お客様からのお誘いも多く、
やはり営業の一環で必要と思い、
始めようかなと思っていた矢先に関西の同業者の
大先輩方々に誘われて、ろくに練習もせず
ラウンドデビューと言う無謀な事をしました。

kei150906_3.png

同業者の大先輩方々です。

ろくに練習もせずラウンドデビューしたので最初のスコアは悲惨でした(悲)

しかしめげずに回り続けた結果、まだまだ人並み以下ですが、
最近なんとか迷惑をかけずに回れる様になってきて思いました。

『ゴルフは素晴らしい。』

朝早くから体を動かし健康的で、
尚且無条件でビジネスパートナーと交流を深めれる。

本当にゴルフは素晴らしいと思います。
と同時に、昔、父親が母親に白い目で見られながら
『仕事の一環や!』と言いながらコソコソ
ゴルフに行ってた気持ちが分かってきました。

私は未だ独身ですが、あえて言いましょう。

当ブログをご覧の奥様方々、ゴルフ=仕事です。
旦那様の仕事の邪魔をしないであげて下さい(笑)

私はこれからも、あくまで全力で仕事に取り組んで行きたいと思います。

(棚田建材 H)

これから始まる新築現場

11月も中旬にさしかかり、急に寒くなってきましたね。
今日は午前中、これから始まる新築現場2軒の打合せに行ってまいりました。

まずは T市にて建設中の公共物件の現場です。

image001.jpg

image002.jpg

あと10日程先の予定で、上記写真の木製の型枠をはずした所に
コンクリートの外壁が出来上がるのですが、
その部分に浸透性の塗膜防水材を塗布することから
この現場は始まります。

施工した後、施工箇所の一部は土で埋め戻して
隠れてしまうので、基本的には
地面より低い箇所の防水工事になります。
普段我々が何気なく目にしている建物の
見えない箇所も、実は防水を施しているのです。

この現場は来年秋までの長丁場の現場なので
これから先、躯体ができ上がっていく過程の中で
何種類かの防水工事を施工していく予定です。
機会があれば又、報告します。

続いて、K市の民間物件現場の打合せに伺いました。
こちらの物件は既にほぼ躯体ができ上がっている
高齢者向け住宅の現場でした。

image003.jpg

image004.jpg

ここでは屋上をアスファルト防水で施工する予定で、
現場では屋上の床にコンクリートを打設する準備が進められていました。
まだ防水施工するまでには床の下地を造られたりするので
実際の施工は1か月程先になりそうです。
あと1か月程先の施工の予定ということは・・・12月下旬頃。

年末に向かってのその時期は、どの業界も超繁忙期なんですよね!!
その時期に実際に施工する職方さんを確保できるかどうかで
明暗が分かれます。
(弊社依頼先の職方さん、気合い入れてお願いしますね!)

今、建築業界全体では慢性的な職人さん不足でして、
弊社の各工事担当者も、日々の職方の段取りに
頭を抱えていますが、
どの現場も無事施工完了するように臨んでまいります。

ついでに、
『我こそは!』 と手をあげてくださる職人さんがおられましたら、
どしどし 棚田建材までご連絡下さいね!

(棚田建材 M)

先やり工法

先日珍しい防水工法を行いましたので、
S が報告させていただきます。

私達が主として提供している建築での防水工事は、
外部の雨水から建物を護るのが目的ですので、
建物の躯体に対して防水を行うことがほとんどです。

一般地下外壁B工法.jpg

しかし、先日施工した地下外壁の防水は、
出来上がったコンクリートの躯体へ防水を施すのではなく、
コンクリートを打設する前の、土留め矢板部分へ
防水を施し『先やり工法』というものを施工しました。

先やりB工法.jpg

後で打設するコンクリートとの相性がいい、
大関化学工業㈱製の『パラテックスB工法』にて施工を行いました。

約15年、この仕事に携っている中で2度しか行った事がない工法です。
後やりの工法より数倍、手間ひまが掛かりますが、
現場所長のご協力と、暑い最中の職方のがんばりで、
しっかりと施工することができました!

F1000516.JPG

F1000517.JPGのサムネール画像

P7300040.JPGのサムネール画像

P7300037.JPGのサムネール画像

P7300029.JPGのサムネール画像

(棚田建材 S)

初ブログ☆(新築工事現場)

緊張の、防水工事ブログ第1弾です。
本日は入社15年目、S が担当いたします。

今日は東大阪にあります、新築工事の現場へ行ってきました!
駅前高層マンションです。

P6040038.JPGのサムネール画像

新築工事では、私達専門業者は
ゼネコン(総合建設業者)さんの管理のもと、
それぞれ担当の工事をさせていただくのですが、

●工事を行う前(防水下地の確認)
●工事中(防水施工の確認)
●工事完了(防水施工仕上の確認)

と、いうように時にはそれぞれ数回『自主検査』いう形で
工事確認の書面を先方に提出しています。

今日は屋上で施工完了した、
アスファルト防水の自主検査を行いました。

新築高層マンションにて工事を行う際に、
一つ大変辛い事があります。

それは。。。高層なんです!!

私達が屋上工事を行う頃は、
大抵まだ本設のエレベーターが設置されていないので、
当然のことながら
屋上まで階段を使います。
最近メタボ気味な私には、これが結構堪えるのです。。。

これから夏場に向かっては
さらに不安が増大してくるのですが、
上がりきった後には
ちゃんと楽しみもあるのです!

それは、屋上からの綺麗な景色が一望出来ること。

P6040044.JPG

この現場は15階建なんですが、
東大阪の街並みと生駒山が絶妙なコラボを醸し出していました!

で、自主検査の方は、
おかげさまで不具合もなく、
しっかり施工出来ていました。

(棚田建材 S)