若いパワーに刺激され。

こんにちは!

姫路営業所工事部のNです。

私が働く工事部のメンバーは20代の若者が多く、私だけが50代です。

毎日みんなと一緒に働いていると、
若い人たちのエネルギーをもらって、
私自身もっと頑張らないと、と刺激を受けています。
年齢を重ねると新しいことを覚えるのにも苦労することがありますが、
若い人たちは素直で物覚えが早く、仕事へのやる気も高いため、
技術をどんどんと吸収して自分たちのものにしてくれます。

そんな姿に私も感化されて、これから「ボンド カーボピンネット®工法」という
外壁補修の新工法にチャレンジしようと思っています!


初心者でも、一生懸命取り組むスタッフ

(棚田建材 N)

公式Facebookを始めました~!!

こんにちは!総務部Mです。

8月から会社公式Facebookを始めました~!!

kaimoto09_1.jpg

まだまだ始めたばかりですが、
今後は会社の部署や人の紹介や、
珍しい工法の紹介など、
棚田建材がどんな会社なのか、どんなことをやっているのか、、
どんどん発信していけたらと思っています。

kaimoto09_3.png

週に数回は更新していく予定ですので、ぜひご覧ください!
いつもとは違う棚田建材の様子が見られる、かも!?

いいね!!もお待ちしています^^

(総務部 M)

技能検定の架台練習をおこないました。

先日行われた、国家資格の技能検定(ウレタンゴム系塗膜防水工事作業)に
先がけて、棚田建材で架台と試験用の資材を調達し、
受験する職方さんの練習会を実施しました。
また、受験しないけれども、技能を身につけて欲しい若い職方さん、
営業・工事管理の社員も一緒に体験しました。

受験予定の職方さんは早々と作業を完了しましたが、
若い職方さんと営業・工事管理の社員は苦戦。
完了したのは日が暮れてからでした。

現実の仕事に追われると、なかなか練習をする時間が取れませんが、
技術の向上のためにも、これからも定期的に
このような機会を設けられたらと思っています。

研修で上京しました。

S です。

先週は日本列島を縦断する大きな台風が起こり、
各地で多大な被害をもたらしました。
被害に遭われた方々に心よりお悔やみ申し上げます。

当日、棚田建材社員は全員台風対策で奔走しておりました。
防水工事の性質上、屋上での作業が多いので、
今回のような大型な台風が来る前には、
材料等の飛散に充分な対策を講じておかなければなりません。

その台風が関東~東北~北海道と移動していった後の、10月9日。
私は追いかけるように東京へ向かい、加盟している
パンレタン防水工事協同組合』(ウレタン防水)
の年に一度の合同汎栄会に出席してきました。

当日は全国より組合員が参加し、
組合員による施工事例が5件(棚田建材も1件報告させていただきました)
メーカーの技術的な報告が4件
講習会として、応急救護講習会~AEDの取扱説明~を
東京都芝消防署の署員の方が行っていただきました。

施工事例報告はめったに聞けない、
他社での施工状況が聞けて大変興味深く、為になりました。

メーカー報告も、いつも先端の技術を報告していただき、
実現場での工法選択時に大変役立つ情報を
得ることができました。

応急救護講習会も大変有意義なもので、
常に命の危険と隣り合わせな仕事なので、
このような講習を積極的に受けて、
急時には的確な対応が出来るようになりたいと思いました。

最後に立食での懇親会を行い、全国より集った組合員が
和やかな雰囲気の中、美味しく食事をいただきながら、
情報交換をし、有意義な一日を終えました。

PA090020.JPG

(棚田建材 S)

勾配屋根

S です。

先日、築19年のマンション屋根を調査してきました!
屋根の素材はアスファルトシングル葺きで、
20年近く経過しているとは思えないほど
屋根材は良好な状態を保っていました。

それでも、漏水をしている可能性があるということだったので、
端部の納まりを中心に調べ、
部分補修で直す案を考えています。

P7300006.JPG

高い所が好きな私は傾斜のキツい
勾配屋根でも余り恐怖感を感じませんが、
仕事をする時は油断をしないようにしなければなりません。
職方にも安全に作業が出来るよう
安全計画も併せて検討していきたいと思います。

P7300001.JPG

(棚田建材 S)

悩む前に積極的に行動すること

今回は F が担当させて頂きます。

先日、休暇をもらって
私の趣味でもあるスキューバダイビングをしてまいりました(^^)

行先はフィリピンのセブ島です(^0^)
実は毎年1回はセブ島の方へ潜りに行っておりますが(^^;
そこで思うことは…
日本では不景気で仕事も少なく、
職を失う人も沢山いる昨今、
ここフィリピンはずっと以前から
仕事を持たない人が沢山います。
しかしながら彼らの多くは貧乏ながらも
前向きに一日一日を黙々と生きています。

国民性、社会情勢等の違いもあり
日本人には考えられないような状況でも、
彼らにとっては当たり前のように生活しています。
とにかくポジティブな思考の持ち主が多いようです。

(いつも明るいフィリピン人)

どちらかと言うと、私もポジティブタイプなので
彼らの感覚が少し理解できます。
まずは「悩む前に積極的に行動すること」が
大事だと現地人に教わっている次第です(^^;

さて~せっかくですので少し海中の写真を載せてみます。
下手ですのでお見せするのが恥ずかしいですが…

image003.jpg

(棚田建材 F)