HOME > 防水について > 場所・用途による最適な防水

場所・用途による最適な防水

3つの工法は、用いる素材や工法の違いなどから、さらに、複雑にわかれています。
どの防水工法を選ぶかは、建物の場所や用途(非歩行用・軽歩行・駐車場・植栽・運動施設・・・etc)から、防水層が安全に保たれる方法を選びます。主な場所と防水の種類は下記をご参照ください。

屋 上 ウレタン塗膜防水(シート複合工法)
DE-30-Aマルチ
アスファルト防水(常温工法)
GSS-1
塩ビシート防水
MIH-SGM15S
アスファルト防水
SP-5AL
屋 根 アスファルトシングル葺き
SN-503
アスファルトシングル葺き(断熱工法)
SN-506B
バ ル コ ニ | エマルジョン系塗膜防水
C-3工法
ウレタン塗膜防水
KE-20-A
ウレタン塗膜防水
OTL-8VS
FRP防水
PS-1D
地 下 エマルジョン系塗膜防水
B-2工法
アスファルト防水(常温工法)
カスタムPA工法
塔 屋 屋 上 加硫ゴム系シート防水
RV-101
アスファルト防水
SP-2L
木 造 バ ル コ ニ | 塩ビ系シート防水
FW-SGM20
FRP防水
mps-4
エマルジョン系塗膜防水
A-2工法
ウレタン塗膜防水
E-20-A
駐 車 場 ウレタン塗膜防水
CP-40S-NS2
FRP防水(ウレタン複合工法)
PP-1V
外 壁 アクリルゴム系防水塗料
パラトーンS
アクリルゴム系防水塗料
MYルーファーWG L
 

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋