HOME > 防水について > 防水の種類と工法

防水の種類と工法

建物を守る防水の工法についてご説明します。
防水の工法には、 大きく分けて、塗膜防水(塗る防水)、アスファルト防水(「塗る」「貼る」複合防水)とシート防水(貼る工法)があります。それぞれの特徴は下記をご覧ください。


現場で液状の防水材料を塗り、化学反応で防水の膜をつくります。 細かい作業が必要な屋根やベランダなど、歩行を伴う場所の防水に有効です。 現場施工のため、一定の厚みの確保が難しい面がありますが、様々な場所で施工できるので、便利な防水材料です。
液状なので狭い場所や設備の周りなども対応が可能です。下地に凹凸があると防水層の厚みが変わってしまいます。


液状の溶融アスファルトと防水性の高いアスファルトシートを積層し、厚みのある防水層をつくります。 二層以上の積層工法が原則で、水密性、耐久性とも高く、施工の不具合の出にくい工法です。
アスファルト溶融時に臭いと煙が発生するため近年の改修工事では、建物を利用しながらの作業環境に対応した、冷工法・トーチ法などがラインナップされています。
シートのつなぎ目が液状のアスファルトで埋められます。


ゴムや塩ビ(塩化ビニル)でできたシートを下地の貼り付ければ完成します。最大のメリットは、簡便性です。
機械的固定工法では、下地処理を簡便化しての改修工事が可能です。 一方で外部損傷にやや弱く、施工管理がより重要になってきます。
塗る工法と違い、下地の凹凸に影響を受けずに、均一な防水層が完成します。シートのつなぎあわせを確実に行い、漏水を防ぎます。

 

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋