HOME > 防水について > 建物を水から守る防水とは

建物を水から守る防水とは

防水とは、建物を雨漏りから防ぐために、建物の中に水が入り込まないようにする仕組みのこと。
木造住宅の屋根の多くには、傾斜があり雨水は傾斜をつたい下に落ちるようになっていますが、近年多くみられるフルフラット仕様の住宅やマンション、ビルなどにおいてはどうしても屋根が平らである為に排水がしにくく、水がたまりやすくなります。

例えばコンクリートの建物であれば、年月がたつにつれ、様々な要因で建物の劣化が起こり、コンクリートに亀裂が入ると、そこから水が浸水し雨漏りが起こってしまいます。万一建物に亀裂が入った時でも、雨が亀裂に浸透しないように、建物の上に水を通さない防水の層(防水層)を設け、建物を水から守っています。
防水は屋根だけでなく、ベランダや廊下、地下室や駐車場など様々な所で大切な役割を行っています。

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋