HOME > 事業内容一覧 > 太陽光パネル設置工事

事業内容

太陽光パネル設置防水工事

パネル・屋上防水のメンテナンスを容易にします。

従来の太陽光発電の設置方法では、点検等の作業時に架台やパネルを外すには大掛かりな作業が必要でした。
可変レール仕様ではパネルを簡便に開閉できるので点検や防水改修時に面倒な取り外し作業が不要になります。
点検や防水改修時に開閉が可能
可変レール仕様は、従来の防水改修時やパネルのメンテナンス(ホットスポットの有無確認)などにも、対応が容易になります。
後列の固定レールのナットを外すとパネルを取り外すことなく、パネルの裏面をチェックすることが可能になりました。

架台基礎が不要なので工期の短縮ができます。

塩ビシート防水施工後
連結ディスクの墨出し後下地へアンカー固定
塩ビシートと溶着接合
シールを充填し、水密キャップを被せる
傾斜付架台を取付け、ナットで締結
完成

従来工法との比較

在来工法 新工法
設置に必要な面積
基礎
重量
架台
重量
パネル
重量
1,904kg 1,904kg
荷重
総重量
9.90t(約62kg/㎡) 3.34t(※約17kg/㎡)
工期
基礎・架台
コスト
※単位面積あたりの荷重総重量には、リベットルーフ防水アンカー固定工法(約3.0kg/㎡)は含まれておりません。