創業60余年の実績・大切な建物の資産価値を高めます。

トップページ > 事業内容一覧 > 屋上工事

屋上防水工事

リベットルーフCOOL

太陽光を効率よく反射し、ヒートアイランド現象の低減に効果のある防水シートです。赤外線波長領域に対する高い反射特性を持った特殊顔料を配合しているので、効率良く反射します。
1.赤外線を効率的に反射
熱作用の高い赤外線領域の波長を効率良く反射します。
2.表面温度を下げ、流入熱量を軽減
未改修棟(露出アスファルト防水)の表面温度が約5 7~ 6 2 ℃を示しているのに対し、リベットルーフC O O Lの表面温度は約4 6~5 2℃を示し、約10℃の温度差があります。
3.熱劣化を抑え、さらに耐久性向上
温度上昇が抑えられるため、熱劣化が抑制されます。また特殊樹脂層が紫外線の影響を緩和し、ダブルの効果で劣化が抑制されます。 促進暴露試験(20年相当)でも、一般の防水シートに比べリベットルーフCOOLは、劣化の進行が遅いことを示しています。

リベットルーフHP

リベットルーフHPは、長寿命を目的とし、特殊配合により製造された高耐久グレードの防水シートです。紫外線や熱による物性の変化が少なく、変退色もわずかです。

1.ロングライフ設計
優れた耐候性は、人工促進暴露試験(メタルハライド試験)でも実証されています。リベットルーフH Pと高品質の副資材の組み合わせにより30 年耐用の防水システムが実現しました。
2.ライフサイクルコストを低減
防水シートの長寿命化により、改修サイクルが長くなり、防水改修の頻度が少なくなるため、ライフサイクルコスト(LCC)の低減につながります。
3.廃棄物の発生を抑制
防水シートの長寿命化により、改修の頻度が減少するうえ、既存防水層を撤去せず、新規防水層をかぶせる工法により、廃棄物の発生を抑制します。

防水シートに穴をあけない

マンションの屋上は、風雨や紫外線・寒暖差の影響を受けて、確実に劣化・老朽化が進んでいます。 それらの要因で防水層が弱り、漏水が起こります。 雨漏りが起こってからでは手遅れです。被害の発生前に計画的な防水改修を行ってください。
立ち上がり部の劣化
平場部の劣化
平場部の劣化
 
目地の飛び出し
植物の繁茂

防水シートに穴をあけない

塩ビシートに穴をあけず、誘導加熱システムで固定することで施工品質の高い防水システムを実現します。
固定作業の重要な部分を機械化
誘導加熱装置を使用することにより、作業員の技量の差が生じず、均一な施工品質が守られます。
耐風圧設計
強風地域や高い建物などでも固定ディスク・固定バーを増やす等で風圧に対する安全設計も万全です。
 

改修工事に適した「かぶせて防水」

改修工事の際には、旧防水層を撤去せずに塩ビシートをかぶせて施工することが可能です。
廃材発生を抑制する環境に優しい工法
既存防水層や保護コンクリートを撤去する必要がなく余分な廃材が発生しません。
スピーディー・漏水事故が激減
既存下地をそのままの状態でかぶせるだけなので、工期の短縮と、雨養生につながります。
建物診断・見積りを無料で承ります。
主要対応地域 兵庫県(神戸市・西宮市・芦屋市・宝塚市・尼崎市・伊丹市・明石市・姫路市・三田市・三木市・加古川市・三木市 淡路島)/大阪府(大阪市・豊中市・吹田市・東大阪市・八尾市・堺市)/京都府/奈良県/滋賀県