創業60年の実績・雨漏りから貴方の大切な財産を守ります。

トップページ > お問い合わせ > お客様対応インタビュー

前職は歯科技工士なんですよ。それが19年前の阪神・淡路大震災で職場も得意先も失って…。そんなとき、知人だった当社の社員に声をかけられ転職することに。全く畑違いの仕事でしたが、神戸の復興にも役立てると考え決断しました。入社してからは震災の復興でマンションからホテル、官公庁施設まで、さまざまな規模の新築現場を経験してきました。棚田建材は昭和26年の創業以来、防水工事専門で実績を積んできた施工会社ですが、防水に留まらず、私が建物全体の構造を理解できるようになったのも、この頃新築現場を多数経験したおかげだと思っています。一方、ここ数年で急増した依頼が、老朽化したビル・マンションの改修工事全般です。今年の春には、予算規模が1億円に迫る公共工事である市営住宅の大規模修繕工事の入札を当社が受注。老朽化がひどい11棟の改修を一手に手がけ、滞りなく工事を完了することができました。
見積り依頼には部下とともに自ら現場の調査をじっくり行う。工事に入れば現場監督として完成まで見届けるのが棚田建材の営業です。
近年、改修時期に入った物件を所有されているオーナー様や管理組合の方から、直接問合せをいただくことも増えてきました。当社のホームページを見て、改修工事の専門家と期待いただいて、当社に相談に来られます。見積り参加が決まったら、まず現地調査に伺います。住民の方にも同席いただく場合は、排水溝の裏側など、一般の方では気づきにくい劣化ポイントを説明。お客様にとっては、大事な資産である建物のことですから、熱心に耳を傾けていただけることが多く、私もますます調査に力が入ります。またプランの提示では、建物の長寿命化を考慮し、価格より適材適所の長く安心して使える材料を提示するよう心がけています。
実は、私も自身が住むマンションの改修事業に、住民として関わったことがあるんです。だから、お客様の思いがよく分かるし、お客さまのことを自分ごととして受け止め、その思いに寄り添い、修繕プランをご提案するようにしています。
調査時の写真をもとに部下と連携して詳細な資料を作り、クライアントに改修ポイントをわかりやすく説明。その語り口は熱い!
●プロフィール
防水にこだわらずさまざまな建物改修に対応する「開発営業部」に所属。正直な人柄と、細やかな仕事に定評がある。「指導してきた部下が頼りになる人材に成長。安心して現場を任せられることに喜びを感じています」。
(取材、文:蔵 麻子)
建築防水工事全般・雨漏り診断・外壁補修など、棚田建材にお任せください。
主要対応地域 兵庫県(神戸市・西宮市・芦屋市・宝塚市・尼崎市・伊丹市・明石市・姫路市・三田市・三木市・加古川市・三木市 淡路島)/大阪府(大阪市・豊中市・吹田市・東大阪市・八尾市・堺市)/京都府/奈良県/滋賀県