ホーム > ブログ > 未分類

スタッフブログ

「未分類」記事一覧

 | カテゴリー:未分類

防水の種類と工法

建物を守る防水の工法についてご説明します。
防水の工法には、 大きく分けて、塗膜防水(塗る防水)、アスファルト防水(「塗る」「貼る」複合防水)とシート防水(貼る工法)があります。それぞれの特徴は下記をご覧ください。


現場で液状の防水材料を塗り、化学反応で防水の膜をつくります。 細かい作業が必要な屋根やベランダなど、歩行を伴う場所の防水に有効です。 現場施工のため、一定の厚みの確保が難しい面がありますが、様々な場所で施工できるので、便利な防水材料です。
液状なので狭い場所や設備の周りなども対応が可能です。下地に凹凸があると防水層の厚みが変わってしまいます。


液状の溶融アスファルトと防水性の高いアスファルトシートを積層し、厚みのある防水層をつくります。 二層以上の積層工法が原則で、水密性、耐久性とも高く、施工の不具合の出にくい工法です。
アスファルト溶融時に臭いと煙が発生するため近年の改修工事では、建物を利用しながらの作業環境に対応した、冷工法・トーチ法などがラインナップされています。
シートのつなぎ目が液状のアスファルトで埋められます。


ゴムや塩ビ(塩化ビニル)でできたシートを下地の貼り付ければ完成します。最大のメリットは、簡便性です。
機械的固定工法では、下地処理を簡便化しての改修工事が可能です。 一方で外部損傷にやや弱く、施工管理がより重要になってきます。
塗る工法と違い、下地の凹凸に影響を受けずに、均一な防水層が完成します。シートのつなぎあわせを確実に行い、漏水を防ぎます。

 

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋

 | カテゴリー:未分類

建物を水から守る防水とは

防水とは、建物を雨漏りから防ぐために、建物の中に水が入り込まないようにする仕組みのこと。
木造住宅の屋根の多くには、傾斜があり雨水は傾斜をつたい下に落ちるようになっていますが、近年多くみられるフルフラット仕様の住宅やマンション、ビルなどにおいてはどうしても屋根が平らである為に排水がしにくく、水がたまりやすくなります。

例えばコンクリートの建物であれば、年月がたつにつれ、様々な要因で建物の劣化が起こり、コンクリートに亀裂が入ると、そこから水が浸水し雨漏りが起こってしまいます。万一建物に亀裂が入った時でも、雨が亀裂に浸透しないように、建物の上に水を通さない防水の層(防水層)を設け、建物を水から守っています。
防水は屋根だけでなく、ベランダや廊下、地下室や駐車場など様々な所で大切な役割を行っています。

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋

 | カテゴリー:未分類

屋上緑化工事

屋上緑化

地球温暖化やヒートアイランド現象をはじめとする、環境悪化が問題となっています。

これらを防止するために、屋上などのスペースに防水を施し、軽量土壌などをのせ芝生やセダムなどを栽培することで、緑化面積を増やそうと考え出されたのが、屋上緑化です。

屋上緑化には、様々な利点があります。
まず、植物の蒸散作用により周辺の気温を下げる効果、植物が直射日光を遮るため断熱効果があり、屋内の気温が下がり、空調の稼働率を下げることによる省エネ効果。そして、紫外線が建物に直接当たらないためにコンクリートなど建物を保護し、ひび割れや劣化を防げます。

また、最近では、人々の憩いの場として屋上を活用するケースが増えてきています。企業や病院、一般の住宅においても、季節の花を楽しむガーデニングや家庭菜園、屋上バーベキューガーデンなど様々な形で屋上が有効活用されています。 屋上緑化は、人々の心にも、地球にも優しい、人々を幸せにする屋上の活用方法です。

樹木の根はコンクリートを突き抜けるぐらいの強い力があります。
また、いつも水を含んだ土に触れている環境においては、それらを考慮した防水工事が必要になります。

この防水・防根工事が十分でないと、樹木の根が防水層を突き破り、建物自体に根が張るなどし、雨漏りや建物の老朽化を引き起こします。そして、一旦雨漏りが起こると、土壌などを取り除いての原因追究や防水改修工事は、困難を要します。

当社は、防水加工の専門業者ですので、まず現状の防水層の状態をしっかり調査いたします。その上で、希望する屋上緑化(屋上庭園)の形態を伺い、防水層の耐久性、ご予算、工程期間、周囲の環境等を配慮した上で、最も適切な防水工法をご提案させていただきます。

また、 屋上庭園などのプランや施工に関しましては、実績のある専門の協力業者をもち、様々な用途・デザインのご提案をさせていただきます。

 | カテゴリー:未分類

太陽光パネル設置工事

太陽光パネル設置防水工事

パネル・屋上防水のメンテナンスを容易にします。

従来の太陽光発電の設置方法では、点検等の作業時に架台やパネルを外すには大掛かりな作業が必要でした。
可変レール仕様ではパネルを簡便に開閉できるので点検や防水改修時に面倒な取り外し作業が不要になります。
点検や防水改修時に開閉が可能
可変レール仕様は、従来の防水改修時やパネルのメンテナンス(ホットスポットの有無確認)などにも、対応が容易になります。
後列の固定レールのナットを外すとパネルを取り外すことなく、パネルの裏面をチェックすることが可能になりました。

架台基礎が不要なので工期の短縮ができます。

塩ビシート防水施工後
連結ディスクの墨出し後下地へアンカー固定
塩ビシートと溶着接合
シールを充填し、水密キャップを被せる
傾斜付架台を取付け、ナットで締結
完成

従来工法との比較

在来工法 新工法
設置に必要な面積
基礎
重量
架台
重量
パネル
重量
1,904kg 1,904kg
荷重
総重量
9.90t(約62kg/㎡) 3.34t(※約17kg/㎡)
工期
基礎・架台
コスト
※単位面積あたりの荷重総重量には、リベットルーフ防水アンカー固定工法(約3.0kg/㎡)は含まれておりません。

 | カテゴリー:未分類

廊下・バルコニー・階段工事

廊下・バルコニー・階段防水工事

特殊耐水・耐水工法(ウレタン系防水下地)

排水溝、壁側などに塗膜防水併用する場合のコリドール施工法です。塗膜防水「アクシスコート」は、耐候性・耐久性・耐水性に優れた2液常温硬化型のウレタン防水材です。
立上がり部
工程 製品名 使用量
アクシスコートトップコート 0.2kg/㎡
アクシスコートK 1.0kg/㎡
アクシスコートK 1.5kg/㎡
プライマーUP 0.25kg/㎡
平場部
工程 製品名 使用量
コリドール
タキボンド#607 0.4kg/㎡
アクシスコートトップコート 0.2kg/㎡
アクシスコートK 1.0kg/㎡
アクシスコートK 1.5kg/㎡
プライマーUP 0.25kg/㎡

マンション解放廊下防水システム

従来では、床シートの施工は内装業者が施工し、その両側の塗膜防水を防水業者が行うなど防水機能のトータルな品質管理がなされないままでした。
しかし、床シートの施工も大切な防水工事です。より美しくより長持ちさせるシート施工と防水工事をトータルで行います。

 | カテゴリー:未分類

金属・スレート屋根工事

金属・スレート屋根防水工事

RC造ドーム形屋根改修例
波鉄板改修例
スレート改修例

防錆効果について

腐食を促進させる水分、酸素、塩分の透過をシャットアウトするとともに以下の特徴を有しています。
●厚膜コーティング
MYルーファHG[1.5kg/㎡]
アスファルト系防錆塗料[0.7kg/㎡]
エッジ部・垂直面とも水平面と
変わらない塗膜厚を確保
エッジ部・垂直面がダレて
薄くなっている。
●膨張錆をしっかりホールド
MYルーファーは弾性の大きい厚膜材料のため、万が一錆が発生・膨張しても防水塗膜に亀裂が入ることがなく、錆の膨張を抑制することができます。
●塩水噴霧試験/MYルーファHG
●塩水噴霧試験/一般塗装
錆によって内部より膨れても
割れません。
錆膨張によって割れがおこり、
周辺に広がっていきます。

復元効果について

劣化スレートの再生、強度復元を行い寿命を延長させます。

スレートは一定期間経年すると劣化し、強度低下やクラックが発生、雨水の浸透性も高くなります。
多機能コーティング改修工法によりアスベストを基材に固着させ、ポーラス部及びクラックにも浸透し強度を復元、次にMYルーファーHGが防水層を形成し、トップコートが保護を行います。

防水塗装工事

シングル屋根の改修例
折板屋根の改修例
瓦棒屋根の改修例

 | カテゴリー:未分類

打放しコンクリート工事

打ち放しコンクリート

近年、デザイナーズマンションなどコンクリート打ち放しの美しい質感をいかした建物が多くみられます。しかし、コンクリート打ち放しの質感は、残念なことに数年経過すると、黒く汚れ、ひび割れが起こり、雨水が浸入して錆が発生し汚れていってしまいます。
そんな打ち放しコンクリートを新築時の魅力的な姿に戻してくれるのが、このSA工法です。

SA工法って?

SA工法は、コンクリート打放しのもつ質感を生かし、更にコンクリート構造物を酸性雨、中性化等の劣化原因から保護する目的で開発された完全水系化塗装システムです。

このシステムは、打ちあがったコンクリートの欠陥部分を、専用材料によってアート加工するため、打ちっぱなしのような質感や木目調など様々な表情をつくることができます。

また、「水性シリコン系クリヤー」又は「水性フッ素系クリヤーベール500」で水分を防止し、更に「珪酸質とアクリルシリコーンと組み合わせた水性シリコン系クリヤー又は水性フッ素系クリヤー仕上材アクアベールとの複合塗膜」により、コンクリートの耐久性を向上させることができる優れた工法です。

打ち放しコンクリート

SA工法には、補修を行う際、状況に合わせて2種類の仕上げ方法から選択します。

コンクリートの仕上がりが良く部分的
補修で良い場合は、 " 部分アートシステム工法(グラデーション工法)" を用います。モルタルで補修した跡が、折角の打ちっぱなしコンクリートの美観を損ねてしまっています。施工後は、跡が消え美しく仕上がっています。

コンクリートの仕上がりが悪く 補修箇所も多くある場合には、 "全面アートシステム工法(ファンデーション工法)"を用います。 黒ずみ錆びたコンクリート壁が見事に美しく仕上がっています。

打ち放しコンクリート

施工前(左)・施工後(右)を比較しました。打ち放しコンクリートの甦りをどうぞご覧ください。

 | カテゴリー:未分類

外壁タイル工事

外壁防水工事

エバーガード工法は、特殊専用アンカーにてタイル・モルタル層を躯体に固定し、特殊繊維によって塗膜強度を高めた透明度の高いアクリル樹脂にてタイル面を被覆することで、既存タイルの意匠性を保持しながら、剥落を防止する工法です。

タイル剥落防止工法

特殊専用アンカーにてタイル・モルタル層を躯体に固定し、特殊繊維によって塗膜強度を高めた透明度の高いアクリル樹脂にてタイル面を被覆することで、既存タイルの意匠性を維持しながら、剥落を防止する工法です。
穿孔
アンカー打ち込み
EGプライマーT塗布
主材塗布(1層目)
主材塗布(2層目)
主材塗布(3層目)
EGトップ塗布(1層目)
EGトップ塗布(2層目)
完成

赤外線外壁劣化診断

赤外線診断装置を使うことにより、より正確により早くタイルの浮き・剥離箇所を発見いたします。
発見しにくい空気層も正確に読み取ることができます。
最新型測定器を使用しますので従来のシステムより画質が改善され、さまざまな補正が可能になりましたのでより正確な診断が可能です。

 | カテゴリー:未分類

外壁工事

外壁防水工事

防水塗装工事

外壁素材には、高い防水性・経年劣化が少ない・人体や環境に安全・景観が美しいなどの要素が必要です。
素材も大切ですが、確実な補修作業・確実な技術が低コストにつながります。

高弾性塗膜による高い防水性・コンクリートの劣化防止・人にも環境にも安全

●特殊アクリルゴムを主成分としており耐久性に優れています。
●塗膜は躯体に生じる亀裂に充分追従できる400%以上の高い伸びと弾性を有しています。
●塗膜は優れたバリア性能を有し、様々な劣化因子(塩分、酸素、水分など)から躯体を護ることで長期にわたり建物を保護します。
●水系の為人体に対し無害無臭、周辺環境へも安全です。
●無溶剤のため、中毒・引火の心配がありません。

施工例

外壁補修工事


シリンダー工法(注入工事)

コンクリート構造物のひび割れにエポキシ樹脂を自動的に、低圧・低速で連続注入する工法です。
構造がシンプルで施工性が良く、作業管理も比較的容易に行うことができ、しかも確実な注入効果が得られるため、様々な現場で活躍しています。
ひび割れの調査
下地処理
座金取り付け
シール
注入
座金・シール材除去

Uカットシール材充填工法

コンクリートやモルタルなどのひび割れをダイヤモンドカッターなどでU字型にカッティングし、可とう性エポキシ樹脂や弾性シーリング材を充填する工法です。防水性能に優れ、ひび割れの動きにも追従します。

CPアンカーピン工法

「CPアンカーピン工法」は、注入口付アンカーピンを使用して、外壁のモルタル層やタイル仕上げ層の浮き部を改修する工法です。
アンカーピンとエポキシ樹脂で浮き部をコンクリート躯体に固定するため、安全性に優れた外壁改修工法です。

①調査・打診・マーキング
テストハンマーなどを用いて仕上げ面を軽く打診して浮き部分を確認し、浮きの範囲をマーキングした後、CPアンカーピンニング位置をマーキングする。
②穿  孔
専用ドリルビットで標準穿孔深さまで穿孔する。
③清  掃
穿孔後、孔内に付着した切粉をブラシなどで除去し、さらにエアブロアーなどで孔内を清掃する。

④CPアンカーピンE挿入
CPアンカーピンEを孔に挿入し、ハンマーで軽く叩いて仕上げ面まで打ち込む。
⑤打込み・開脚
専用の打込棒で先端の開脚部を拡張し、ボンドCPアンカーピンEをコンクリート躯体に固着する。
⑥注  入
グリスポンプに専用のプラスチックノズルを装着し、所定量のエポキシ樹脂を注入孔より注入する。

⑦注入の確認
打診により注入状況を確認し、不足している場合は注入を継続する。
⑧パテ埋め
表面をエポキシ樹脂系パテ材で仕上げる。
⑨養 生・完 了

欠損部・鉄筋爆裂部の補修

鉄筋の発錆などによって、コンクリートがひび割れたり、欠落しそうな部分は、建物の構造上の欠陥となる場合があり、危険度も高まります。
そのような欠損部・鉄筋爆裂部については、接続性が高く、強度のある樹脂モルタル(エポキシ樹脂・ポリマーセメント系)で補修します。

 | カテゴリー:未分類

屋上工事

屋上防水工事

リベットルーフCOOL

太陽光を効率よく反射し、ヒートアイランド現象の低減に効果のある防水シートです。赤外線波長領域に対する高い反射特性を持った特殊顔料を配合しているので、効率良く反射します。
1.赤外線を効率的に反射
熱作用の高い赤外線領域の波長を効率良く反射します。
2.表面温度を下げ、流入熱量を軽減
未改修棟(露出アスファルト防水)の表面温度が約5 7~ 6 2 ℃を示しているのに対し、リベットルーフC O O Lの表面温度は約4 6~5 2℃を示し、約10℃の温度差があります。
3.熱劣化を抑え、さらに耐久性向上
温度上昇が抑えられるため、熱劣化が抑制されます。また特殊樹脂層が紫外線の影響を緩和し、ダブルの効果で劣化が抑制されます。
促進暴露試験(20年相当)でも、一般の防水シートに比べリベットルーフCOOLは、劣化の進行が遅いことを示しています。

リベットルーフHP

リベットルーフHPは、長寿命を目的とし、特殊配合により製造された高耐久グレードの防水シートです。紫外線や熱による物性の変化が少なく、変退色もわずかです。
1.ロングライフ設計
優れた耐候性は、人工促進暴露試験(メタルハライド試験)でも実証されています。リベットルーフH Pと高品質の副資材の組み合わせにより30 年耐用の防水システムが実現しました。
2.ライフサイクルコストを低減
防水シートの長寿命化により、改修サイクルが長くなり、防水改修の頻度が少なくなるため、ライフサイクルコスト(LCC)の低減につながります。
3.廃棄物の発生を抑制
防水シートの長寿命化により、改修の頻度が減少するうえ、既存防水層を撤去せず、新規防水層をかぶせる工法により、廃棄物の発生を抑制します。

防水シートに穴をあけない

マンションの屋上は、風雨や紫外線・寒暖差の影響を受けて、確実に劣化・老朽化が進んでいます。
それらの要因で防水層が弱り、漏水が起こります。
雨漏りが起こってからでは手遅れです。被害の発生前に計画的な防水改修を行ってください。
立ち上がり部の劣化
平場部の劣化
平場部の劣化
目地の飛び出し
植物の繁茂

防水シートに穴をあけない

塩ビシートに穴をあけず、誘導加熱システムで固定することで施工品質の高い防水システムを実現します。

固定作業の重要な部分を機械化

誘導加熱装置を使用することにより、作業員の技量の差が生じず、均一な施工品質が守られます。

耐風圧設計

強風地域や高い建物などでも固定ディスク・固定バーを増やす等で風圧に対する安全設計も万全です。

改修工事に適した「かぶせて防水」

改修工事の際には、旧防水層を撤去せずに塩ビシートをかぶせて施工することが可能です。

廃材発生を抑制する環境に優しい工法

既存防水層や保護コンクリートを撤去する必要がなく余分な廃材が発生しません。

スピーディー・漏水事故が激減

既存下地をそのままの状態でかぶせるだけなので、工期の短縮と、雨養生につながります。

カテゴリー

月別アーカイブ

お問い合わせ