ホーム > ブログ > 未分類

スタッフブログ

「未分類」記事一覧

 | カテゴリー:未分類

防水層チェックリスト(塗膜防水)

お住まいの屋上は大丈夫? 防水層のメンテナンスを行いながら、不具合箇所を早期に発見することが建物を長持ちさせる秘訣です。実際に皆様の建物の屋上がどのような劣化状況かを、簡単なチェックリストを用いて診断してみましょう。 現状の防水工法を下記よりクリックしてお選びください。
防水改修を行わずに10年以上 経過している。
現在雨漏りが発生している。
全体的に白っぽく粉をふいている。
防水が削れて下地が出てしまっている。
下地のひび割れが発生し、塗膜も一緒に切れている。
塗膜の一部がふくれている。
外周の腰壁面(立上り面)の上面(笠木面)にひび割れが見られる。
防水層の一部で破れている箇所がある。

判定 チェックが1~2項目 点検・清掃をしながら経過を観察しましょう。
チェックが3~4項目 要注意です。専門家に防水診断を依頼しましょう。
チェックが5項目以上 防水改修の必要性が高いと思われます。改修計画の立案を検討しましょう。
 

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋

 | カテゴリー:未分類

防水層チェックリスト(シート防水)

お住まいの屋上は大丈夫? 防水層のメンテナンスを行いながら、不具合箇所を早期に発見することが建物を長持ちさせる秘訣です。実際に皆様の建物の屋上がどのような劣化状況かを、簡単なチェックリストを用いて診断してみましょう。 現状の防水工法を下記よりクリックしてお選びください。
防水改修を行わずに10年以上 経過している。
現在雨漏りが発生している。
防水層が破れている。
防水の重ねあわせ部分(ジョイント)に隙間が開いている。
シートのコーナーにしわが寄っている。極端に縮んでいる。
シートの一部で虫食いの様な穴あきが見られる。(カラスなどが引きちぎった可能性)
外周の腰壁面(立上り面)の上面(笠木面)にひび割れが見られる。
防水立上り端末金物丈夫のシーリングが硬化している。破断している。
 
ドレイン部の防水破断が見られる。
 

判定 チェックが1~2項目 点検・清掃をしながら経過を観察しましょう。
チェックが3~4項目 要注意です。専門家に防水診断を依頼しましょう。
チェックが5項目以上 防水改修の必要性が高いと思われます。改修計画の立案を検討しましょう。
 

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋

 | カテゴリー:未分類

防水層チェックリスト(露出アスファルト防水)

お住まいの屋上は大丈夫? 防水層のメンテナンスを行いながら、不具合箇所を早期に発見することが建物を長持ちさせる秘訣です。実際に皆様の建物の屋上がどのような劣化状況かを、簡単なチェックリストを用いて診断してみましょう。 現状の防水工法を下記よりクリックしてお選びください。
防水改修を行わずに13年以上 経過している。
現在雨漏りが発生している。
防水層が破れている。
防水の重ねあわせ部分(ジョイント)に隙間が開いている。
水溜まりが著しい。植物の生育が見られる。
床面や立面の防水にふくらんでいる箇所がある。一部では水が入っているところもある。
外周の腰壁面(立上り面)の上面(笠木面)にひび割れが見られる。
防水立上り端末金物丈夫のシーリングが硬化している。破断している。
 
ドレイン部の防水破断が見られる。
 

判定 チェックが1~2項目 点検・清掃をしながら経過を観察しましょう。
チェックが3~4項目 要注意です。専門家に防水診断を依頼しましょう。
チェックが5項目以上 防水改修の必要性が高いと思われます。改修計画の立案を検討しましょう。
 

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋

 | カテゴリー:未分類

防水改修工事について

防水改修工事では、既存の防水下地の条件により採用できる防水工法が限定されます。
なるべく下地の防水層の機能をいかしながら、新規防水をかぶせる工法を採用することが工期・コストや廃棄物の面でも望ましいといえます。

防水改修工事は、まず、現状の下地の様子を把握し、工期、近隣への騒音、廃棄物などから、最適な改修工法を採用します。下記の表より、防水改修工事では、「かぶせ工法」の採用が、工期・コスト・信頼性、そして資産価値向上の観点からも、優位であるといえます。

工 法 撤去工法 かぶせ(再生)工法 機械的固定工法
解 説 既存防水層を撤去し、新築時の下地に新規防水層を施工する。 既存防水層の不良部のみを除去し、適切な下地処理を施した上で、新規防水層をかぶせて施工する。 かぶせ工法の一種。
既存防水層の上から、下地に穴を開けて新規防水層をアンカー固定する。
イ メ | ジ
騒 音 既存撤去の際に騒音、振動が発生 騒音、振動は少ない アンカー固定の際に騒音、振動が発生
工 期 撤去工事期間分工期が長引く 撤去工法に比べ工期短縮が可能 撤去工法に比べ工期短縮が可能
コ ス ト 撤去工事、廃材処分費の計上が必要 撤去工法に比べ安価 下地処理が簡略化できるため安価
作 業 廃材搬出等周辺に対しての危険作業あり 周辺環境に対して安全性が高い 周辺環境に対して安全性が高いが騒音が発生する
養 生 撤去後防水層施工前の漏水への配慮が必要 既存の防水性能が期待できる 既存防水層の機能が完全に失われる
環 境 撤去廃材は産業廃棄物に該当する 産業廃棄物が少ない 産業廃棄物が少ない
新 規 防 水 様々な工法の選択が可能 既存と新規の防水材料の相性を考慮する必要あり ALCなど下地構造の問題を除き、既存防水層との相性を考慮せずに採用が可能
考 察 既存防水層が撤去すべき状況の場合には、撤去工法を採用しながら、次回改修時にはかぶせて改修が可能な改修仕様を選定すればメリットがある。 既存防水層を再度下層防水層として利用しながら、新規防水層を形成するため、信頼性・耐久性が高い。 既存防水の状態が非常に悪い際にはメリット

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋

 | カテゴリー:未分類

防水層チェックリスト(アスファルト防水押さえコンクリート仕上げ)

お住まいの屋上は大丈夫? 防水層のメンテナンスを行いながら、不具合箇所を早期に発見することが建物を長持ちさせる秘訣です。実際に皆様の建物の屋上がどのような劣化状況かを、簡単なチェックリストを用いて診断してみましょう。 現状の防水工法を下記よりクリックしてお選びください。
防水改修を行わずに17年以上経過している。
現在雨漏りが発生している。
屋上の外側の壁に水平に長いひび割れが発生している
コンクリートのひび割れがひどい。叩くとカラカラと乾いた音がする。
外周の腰壁面(立上り面)のコンクリートモルタルが割れている。
ドレイン(排水溝)周辺のひび割れがひどい。雑草が生えている

判定 チェックが1~2項目 点検・清掃をしながら経過を観察しましょう。
チェックが3~4項目 要注意です。専門家に防水診断を依頼しましょう。
チェックが5項目以上 防水改修の必要性が高いと思われます。改修計画の立案を検討しましょう。
 

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋

 | カテゴリー:未分類

防水層の寿命と改修工事

防水層の一般的な寿命は、10年~20年。 鉄筋コンクリートの建物の寿命は、60~65年程度と言われていますので、 防水層の寿命を考えると、建物のライフサイクルの中で、2~4回の防水改修が必要となります。

防水層を改修せずに放置した場合、防水機能の低下だけでなく、劣化が進行することにより防水層を全面剥がしての改修を余儀なくされるなど、防水改修にかかる費用が増大になることが考えられます。
今の防水層の状況を的確に把握すし、限界が来る前に防水改修を実施する事をお勧めいたします。

防水の種類 標準耐用年数 防水イメージ
アスファルト防水 保護防水の場合
17~20

露出防水の場合
13~15

シート防水 13~15
ウレタン系塗膜防水 10~13
改質アスファルトシート防水
(トーチ工法)
12~15
 

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋

 | カテゴリー:未分類

防水を長持ちさせるには?

防水を長持ちさせるには、日々の点検や清掃などちょっとしたメンテナンスを心がける事が大切です。
また、防水層の健康診断や塗料の塗り替えなどを行うことにより、事前にトラブルを防ぎ、防水層および建物の寿命を延ばすことができます。

建物の屋上は、水・熱・紫外線による影響を常に受け続けています。そのため、年月と共に防水機能も徐々に低下します。下記のような症状が見られたら、防水層劣化のサインです。一度、当社までご相談ください。

保護塗料の退色

(トップコートの塗り替えが有効です )
防水層の膨れ シートの破断・損傷
塗膜防水層の劣化 ドレイン(排水溝)部土砂の堆積・植物の生育

(植物の根はコンクリートも貫通します)
防水の裏側に雨水進入・と膜防水破断コンクリート成分の染み出し
防水層の表面に異常がないかを点検する。(年1回程度)
目視で著しい異常があれば、専門家に相談しましょう。
ドレイン周りの点検・清掃(年2回程度)
ゴミが詰まると植物が生えやすくなったり、水溜まりや雨漏りの原因になることがあります。特にドレイン周りのゴミはこまめに清掃しましょう。
植物の生育状況の確認
植物の根は、防水層を貫通していることがあり、むやみに抜くと雨漏りが発生することもあります。大きく成長した草木については、根元で切るなどして、今後の生育を防止しましょう。
業者に依頼するメンテナンス
防水健康診断や、保護塗料の塗り替え(3〜5年に一度)など、専門業者の技術が必要なメンテナンスもあります。別途ご相談ください。
 

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋

 | カテゴリー:未分類

場所・用途による最適な防水

3つの工法は、用いる素材や工法の違いなどから、さらに、複雑にわかれています。
どの防水工法を選ぶかは、建物の場所や用途(非歩行用・軽歩行・駐車場・植栽・運動施設・・・etc)から、防水層が安全に保たれる方法を選びます。主な場所と防水の種類は下記をご参照ください。

屋 上 ウレタン塗膜防水(シート複合工法)
DE-30-Aマルチ
アスファルト防水(常温工法)
GSS-1
塩ビシート防水
MIH-SGM15S
アスファルト防水
SP-5AL
屋 根 アスファルトシングル葺き
SN-503
アスファルトシングル葺き(断熱工法)
SN-506B
バ ル コ ニ | エマルジョン系塗膜防水
C-3工法
ウレタン塗膜防水
KE-20-A
ウレタン塗膜防水
OTL-8VS
FRP防水
PS-1D
地 下 エマルジョン系塗膜防水
B-2工法
アスファルト防水(常温工法)
カスタムPA工法
塔 屋 屋 上 加硫ゴム系シート防水
RV-101
アスファルト防水
SP-2L
木 造 バ ル コ ニ | 塩ビ系シート防水
FW-SGM20
FRP防水
mps-4
エマルジョン系塗膜防水
A-2工法
ウレタン塗膜防水
E-20-A
駐 車 場 ウレタン塗膜防水
CP-40S-NS2
FRP防水(ウレタン複合工法)
PP-1V
外 壁 アクリルゴム系防水塗料
パラトーンS
アクリルゴム系防水塗料
MYルーファーWG L
 

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋

 | カテゴリー:未分類

防水の種類と工法

建物を守る防水の工法についてご説明します。
防水の工法には、 大きく分けて、塗膜防水(塗る防水)、アスファルト防水(「塗る」「貼る」複合防水)とシート防水(貼る工法)があります。それぞれの特徴は下記をご覧ください。


現場で液状の防水材料を塗り、化学反応で防水の膜をつくります。 細かい作業が必要な屋根やベランダなど、歩行を伴う場所の防水に有効です。 現場施工のため、一定の厚みの確保が難しい面がありますが、様々な場所で施工できるので、便利な防水材料です。
液状なので狭い場所や設備の周りなども対応が可能です。下地に凹凸があると防水層の厚みが変わってしまいます。


液状の溶融アスファルトと防水性の高いアスファルトシートを積層し、厚みのある防水層をつくります。 二層以上の積層工法が原則で、水密性、耐久性とも高く、施工の不具合の出にくい工法です。
アスファルト溶融時に臭いと煙が発生するため近年の改修工事では、建物を利用しながらの作業環境に対応した、冷工法・トーチ法などがラインナップされています。
シートのつなぎ目が液状のアスファルトで埋められます。


ゴムや塩ビ(塩化ビニル)でできたシートを下地の貼り付ければ完成します。最大のメリットは、簡便性です。
機械的固定工法では、下地処理を簡便化しての改修工事が可能です。 一方で外部損傷にやや弱く、施工管理がより重要になってきます。
塗る工法と違い、下地の凹凸に影響を受けずに、均一な防水層が完成します。シートのつなぎあわせを確実に行い、漏水を防ぎます。

 

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋

 | カテゴリー:未分類

建物を水から守る防水とは

防水とは、建物を雨漏りから防ぐために、建物の中に水が入り込まないようにする仕組みのこと。
木造住宅の屋根の多くには、傾斜があり雨水は傾斜をつたい下に落ちるようになっていますが、近年多くみられるフルフラット仕様の住宅やマンション、ビルなどにおいてはどうしても屋根が平らである為に排水がしにくく、水がたまりやすくなります。

例えばコンクリートの建物であれば、年月がたつにつれ、様々な要因で建物の劣化が起こり、コンクリートに亀裂が入ると、そこから水が浸水し雨漏りが起こってしまいます。万一建物に亀裂が入った時でも、雨が亀裂に浸透しないように、建物の上に水を通さない防水の層(防水層)を設け、建物を水から守っています。
防水は屋根だけでなく、ベランダや廊下、地下室や駐車場など様々な所で大切な役割を行っています。

「関西防水管理事業協同組合・防水改修読本」抜粋

カテゴリー

月別アーカイブ

お問い合わせ